嫌いな人を呪いたい!ってできるの?

〜スピリチュアルQ&A〜
スピリチュアルに関する質問に輪島先生が答えてくれる企画です

 

嫌いな人を呪いたい!ってできるの?

人を呪う呪術はあります
西洋なら黒魔術が有名で、東洋であれば密教にも陰陽道にも呪術はあります

ただ、僕はやってません
やってませんが、対抗するための知識として勉強はしています
その理由から解説する事はできますが、あくまで「そうなるから人を呪うのはやめましょう」という話が前提になります

まず、呪術は、相手を陥れる効果としては絶大です、そのくらいにエネルギーが強いです
その代わり、反動やしっぺ返しも大きく、特に「一生付きまとう」というのがやっかいです

一般的な事で例えると
呪術に関わるという事はヤクザや半グレなどの「反社会勢力」と付き合うという事と同じです
一度でも手を出せば、その分の見返りというか、相手への仕返しのエネルギーが強いので
効果に目に見えて分かりやすいため、復讐の感情は満たされるかもしれません
しかしそれは一時の感情です

負のエネルギーは満たされる事はなく、
麻薬やアルコール依存と同じで、使う度に感覚が麻痺し、抜け出せなくなります

呪術に呼応した神や悪魔がいますので、
人を呪うという事は、その悪魔の力を借りるという事になります

西洋、東洋問わず、呪術の呪文や印、というのがあります
日本語ではかかれておらず、それは「古代文字」や「神字」の中でも悪魔のエネルギーです
呪いの呪文や印というのは、その悪魔を召喚し、力を借りるという事です

みんな、「古代文字」や「神字」は読めませんよね?
しかし、意味も分からずにただ人を呪えるという理由だけで使用すると
復讐した後に、悪魔が報酬を要求します

「そんな事聞いてない」と言ってもムダです
ものすごく小さな文字で隅っこに「ここに書いてあるだろう」と威圧されます
その内容は不幸の手紙やチェーンメールのように
「同じ事を後10人に行え、そうしないとお前に不幸がふりかかるぞ」というものです
そうして被害者を増やしていくというのが、悪魔の常套手段、ヤクザの常套手段なのです

そんな理由から、人を呪うのはやめましょう
あなた自身が抜け出せなくなり、家族も巻き込んでしまいますよ
今回の記事は、安易に呪術に手を出すブレーキになってもらえたらと強く願います

 

輪島貴史

 

関連記事一覧

カウンセリングについてはこちら

 

 

最近の記事一覧